企業で求められているパソコン資格

subpage1

近年の日本は急激にIT化が進み、若者のみならず今までアナログで仕事をしてきた中堅人員にもパソコンの基本的な操作方法とソフトの使い方が求められるようになって来ました。これからもIT化は目まぐるしく進んでいく事を考えると、学生のうちにパソコン資格について知り取得しておきたいものです。


実際企業の求人票によると求められているパソコンスキルは主にWordやExcelの処理計算技術、パソコンの基礎的技術、ビジネスマナー、簿記等多岐にわたります。

パソコン資格の最新情報を見つけよう。

では具体的にどういったパソコン資格を取得する目安を持てばよいのか、それは今現在の自分のスキルに寄りますが最低限自分のパソコンに何か不具合が出た場合自力で対処できるほどのスキルは必要とされます。また、データですべての書類を管理するリスクを考慮し、アナログとの併用を適度に行うスキルも求められるでしょう。



基本的なパソコンの操作についてはIT化が進んでいる企業だと出来て当たり前として雇用されることが予想されるので独学で勉強しておくことが大切です。

では就職に有利になるパソコン資格とはなんでしょうか。



前述した簿記の資格については経理の事務に限定されるため経理の仕事をしたいと思っている方にはおすすめです。


全般的に活用出来る資格といえば最近はMicrosoftOfficeを使用する日商PC検定等がおすすめです。

また、パソコン資格以外にも女性は特に秘書技能検定をとっておくとビジネスマナーが身について就職で有利です。